ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』
景の海のアペイリア

購入物

f:id:lospa:20170226235257j:plain

WHITE ALBUM』の1と2、『乙女理論とその周辺-Bon Voyage-』を購入。ホワルバの1は人にあげて手元に無かったので再度購入。2はPC版やVita版もありますが、モーションポートレートがあるのはPS3版だけなので。それをプレイする為に実家に置きっ放しだったPS3を今の家に持ってきました。去年末の予定では舞台の季節も考えて「3月くらいにはやりたいなぁ」とか思ってましたが、無理

乙女理論とその周辺は『月に寄りそう乙女の作法』次第でって思ってたんですが、ものっ凄い良かったので購入。Amazonでも通常版はマーケットプレイスにしか無い状況ですが、近くの店に新品あるの確認済みだったので。

結構良いペースでゲーム終わらせてるんですけど、それと同等・それ以上のペースで増えてます。まぁ探すのも買うのも楽しいですしね。

月に寄りそう乙女の作法~ひだまりの日々~ 花之宮瑞穂ルート

f:id:lospa:20170224234549j:plain

3周目男嫌いで朝日(遊星)に並々ならぬ好意を寄せる瑞穂ルート終了。

自分の勝手な想像ですが、男嫌いヒロインって女装主人公のゲームなら1人いそう。女性だと思っていた大好きな相手が本当は男性で・・・っていうのは好意やら拒絶反応やら感情がぐちゃぐちゃになってそうで考えるだけで楽しいです。そういう波乱にこそ物語がありますし、実際瑞穂ルートで1番の見所なのでは。

湊は勿論、ユルシュールも割とスムーズに受け入れていたので1つくらい朝日=遊星に戸惑うルートは必要ですよね。

"お見合い"ってキーワードも出ていましたし、てっきり実家に帰ってしまった瑞穂の前にお見合い相手として遊星が登場する展開か!?とか思ってた時もありましたがそんなことは無かった。因みに衣遠兄様の評価に関しては手のひらクルックルです。

朝日=遊星を受け入れてからの描写がストーリーの尺上他ヒロインより少な目なのでそこら辺に関してはアフターストーリーに期待。

 

f:id:lospa:20170224234616j:plain

湊ぉぉぉぉぉぉ!!!!

湊失恋は大なり小なりどのルートでも不可避っぽいので心苦しいです・・・。っていうか、自分の中で吉田真弓が失恋ヒロインポジに定着しつつあります(乾紗凪とか渡来明日香とか)。

 

次はトリのルナ様ルートへ。

ドラゴンボール色紙ART3

f:id:lospa:20170223011437j:plain

"原画"とか"色紙"という言葉に弱い私。スーパーでいつもは見ない駄菓子のコーナーに行ったら見つけてしまいました。パッケージに惹かれ、残っていた2つを購入。

 

開封!

 

f:id:lospa:20170223011507j:plain

中々良いんじゃないでしょうか?親子かめはめ波とシークレットの超サイヤ人4の悟空。比率で言えばノーマルは味方:敵が1:1なので、「1枚悟空とか出てくれればいいかなぁ」くらいにしか考えてなかったので素直に嬉しい。親子かめはめ波って正面の描写のイメージがありますがこれは横から。超サイヤ人4は・・・

f:id:lospa:20170223012126j:plain

これが真っ先に思い浮かびました。強いからね、天地魔闘の構え。

内容的に好きなので10枚セットの1箱買いたくなってしまっていたり。しかし、これ駄菓子コーナーにあるのだから勿論お菓子も付いてはいるんですが、ガム1粒て・・・

月に寄りそう乙女の作法~ひだまりの日々~ ユルシュール=フルール=ジャンメールルート

f:id:lospa:20170222010312j:plain

典型的な高飛車ヒロイン!・・・と思いきや努力あっての秀才ヒロインユルシュールルート終了。個人的に金髪!ツインテール!高飛車!この3コンボ苦手部類に入るので本作1番難儀なルートかなぁって思ってましたが、そんなことなかった!

ユルシュールのプライドを折って追って折りまくる!

もうやめて!ユルシュールのライフは0よ!と言いたくなる追い込み具合。薬草を与えられては会心の一撃食らってる気分でした。それでもスムーズにプレイ出来たのがつり乙の魅力でしょうか。朝日が良い主人公してますし、脇を固めるキャラがしっかり立ってるのでストレスなく進められました。

そして、ライバルであるルナに負けに負けたからこそ終盤の展開はどうなるか予想が付いていたとしても良いものです。まさに王道。衣遠兄様糞ムカつくはずなのに格好良いと思ってしまった・・・悔しいっ!

 

湊の初速度の凄さに対してユルシュールの右肩上がりのストーリー。ヒロインそれぞれ違った魅せ方をしているので、残るルナ様と瑞穂の両ルートも楽しみです。

次は瑞穂ルートへ。

Navelの『SHUFFLE!』や『俺たちに翼はない』をプレイしていれば気付くネタがちょこちょこ入ってるのも楽しいです。サーシャの中の人繋がりでの咲夜化とか、学園祭で顔から下だけ登場フォーベシィとか。

枯れない世界と終わる花 まとめ感想

f:id:lospa:20170221001209p:plain

正ヒロインの風格。

『枯れない世界と終わる花』フルコンプしました。本筋は全ヒロイン共通で、違いといえばコトセとユキナが途中個別シナリオ入るのと、ヒロイン別のエピローグがあることくらい。それだけ本筋のストーリーに力を入れているとも言えます。しかし、この構成だと2周3周していると内容に力が入っていても作業的になってしまうのが欠点。なので自分は1周目以降目的のヒロインのシナリオ以外スキップしました。

個人的なヒロイン救済の話の好みとしては

ハル>ユキナ>コトセ

という感じ。記憶を失くすストーリーって好きなんですよねぇ。『それは舞い散る桜のように』とか『D.C.Ⅱ』の音姫ルートとか。主人公としての繋がりの深さを考えたら個人的にはハル一択。っていうかCV.沢澤砂羽の時点でね・・・その名前があったというのも買う要因ではありましたし。ショウが自分を犠牲にしてハルを助けようとした場面は本作で1番印象的な場面。

レンはおまけっぽい扱いにも関わらず、Getchu.com美少女ゲーム大賞2016のキャラクター部門にランクインしているってのは何でなんだ・・・。

 

総評

80点。ミドルプライスという気軽にプレイ出来る価格とストーリーの長さ。絵が好みで感動系のストーリーを求めているならプレイしてもいいかもしれません。

何より沢澤砂羽最高や!

AiRIは『はるるみなもに!』とか良曲多い。っていうか、調べたらUR@Nの人か!結構経歴長い。

月に寄りそう乙女の作法~ひだまりの日々~ 柳ヶ瀬湊ルート

f:id:lospa:20170219005008j:plain

1周目は柳ヶ瀬湊ルートから。湊は幼少期1年だけ遊星と一緒にいた時期があるとか。これは幼なじみになるんだろうか?ま、いいや。可愛いから幼なじみで(ぇ

もう初速度で言えば湊がブッチギリ。出会ってから朝日が女装した遊星だと知らず、自分の初恋は遊星で現在進行形とか自分がどれだけ遊星のことを好きかを本人の前で嬉々として語るところとか超可愛い。そこから朝日が遊星だと分かって混乱しながらもドア越しに遊星に告白する湊超可愛い。その後遊星に褒められて喜んで走り去る湊超可愛い。1周目にしてなぜ自分がつり乙をスルーしていたのか悔やんでます。

登場人物それぞれ個性がありますが、お嬢様学校がメインの舞台なので湊のようにくだけた人柄は貴重な気がします。かなり抽象的な表現になりますが、Navel作品らしいキャラ。それにまー吉田真弓の声はクセになります。何だこの声最高やんけ。

 

f:id:lospa:20170219010007j:plain

七愛のヤンデレ具合がギャグ方向で良い味出しており、湊の関係性も相まって良いキャラでした。

最終的に衣遠兄様が障害として立ちはだかると思って身構えってたら登場すらしなかったという。まぁルナ様を始め、大切な仲間と一緒ならどんな障害でも乗り越えられる!と思っておきます。

追記:『乙女理論とその周辺 Bon Voyage』にアフターストーリー付いてて、そこで衣遠兄様関わってくるとか。やべ、くっそ楽しみ。

上にも書きましたが、湊に対しては序盤が最高潮。まぁ相手が好きな人だと知らずにその人の事を話して、後々それを思い出して恥ずかしさでのたうち回る展開って普通じゃ中々出来ないですし。女装主人公という設定を上手く使った展開だと思いました。ルートに入ってからももちろん面白かったですけど、やっぱりね・・・実る前の恋するヒロインが1番可愛いと思うんですよ・・・。

 

次はユルシュールへ。

PULLTOP 14th Project Coming soon!ティザーサイト公開

f:id:lospa:20170217231636p:plain

キャラクターデザイン:基井 あゆむ/marui/ベコ太郎

企画・シナリオ:高嶋 栄二

シナリオ:なたけ/紺野 アスタ/不動 尊

 

これだけでも買う意欲が湧きます。特にキャラデザ。基井あゆむ、ベコ太郎はもちろん、キスシリーズはこの人がいたから買っていたと言っても過言ではないmaruiもいるとはっ!

調べたらmaruiPULLTOP LATTEの『恋する夏のリゾート』でキャラデザやっていたのね。「ちょっと良いな」と思ってはいたけどスルーした作品。

エロゲも新作今年は大分大人しいかな?と思っていたので、こういう気になる新作情報出てくると嬉しいです。