CRYSTALiA『絆きらめく恋いろは』応援中!

忠臣蔵46+1V まとめ感想

f:id:lospa:20170212204531j:plainf:id:lospa:20170212204636j:plain

Vita版の『忠臣蔵46+1V』フルコンプ。

正直この絵バリ苦手です。キャラデザはもちろん、髪の毛の色極端にカラフルだし。評判良くなければ個人的に手を出さないゲーム。それでも最後までプレイ出来たのはそれだけストーリーに魅力があったのと絵も途中で大分慣れたってのが大きいです。慣れって凄い。

歴史人物美少女化っていうと『織田信奈の野望』『戦国コレクション』『戦国乙女』という織田信長を中心とした戦国武将のイメージでしたが、本作は江戸時代の赤穂事件を中心とした物語という変化球。しっかり他の歴史モノと差別化されています。

 

以下ネタバレあり

 

 本作は全5章で編成されてます。

假名手本忠臣蔵

大石内蔵助をヒロインとしたストーリー。主人公である深海直刃が江戸時代に転生し、赤穂浪士が起こす仇討ち赤穂事件に巻き込まれていく基本歴史に沿っているであろう回。赤穂浪士の中心人物がヒロインなので、どういう流れで赤穂事件に発展したのかが分かりやすく描かれています。

 

江戸急進派編

假名手本忠臣蔵編の別視点回。お家再興を目指す内蔵助に対し、仇討ちを決行しようとする堀部安兵衛がヒロインのストーリー。流れは1周目と同じで安兵衛のキャラ掘り下げが見所。内蔵助に次ぐスペックの持ち主でヒロインに対してイライラしなかったのはここまで(ぇ

種崎敦美ってこんな声も出来たんだってのが1番の収穫です。

 

百花魁編

大石内蔵助の娘大石松之丞(後の大石主税)がヒロインのストーリー。3回目ループで唯一直刃が現代へ帰って来れる結末なので「ここで終わっていれば綺麗な締めなのに!」って思ったんですが、同人版ではここで終わりなんですね納得。

f:id:lospa:20170212221319j:plain

現代で小夜の大きくなった版出したんだからそっちルートあってもおかしくなかったんじゃないですかねぇ?

あ、個人的に主税より新八派なので唯一の分岐点で迷いなく新八選んで殺されました(ぁ

 

仇華・宿怨編 

現代に帰って来た直刃が問題が解決していないことを知り、再びタイムスリップするストーリー。同じく現代からタイムスリップした甲佐一魅が赤穂事件を無かったことにするのを阻止する内容。

 

刃・忠勇義烈編

直刃と一魅が黒幕の目的を阻止する為に歴史に身を任せつつも暗躍するストーリー。個人的に敵対関係にあるキャラが味方になる展開って好きなので一魅の株上がりました。

右衛門七がヒロインなんですがまぁ魅力がない。右衛門七が精神的に成熟してからは良かったんですがそれまでが辛い辛い。まぁそれがあったから最終決戦で浅右衛門が手助けした時燃えたってのがあるんですけどね。

f:id:lospa:20170212222128j:plain

最終決戦は燃えたんですが、ちょっとインフラし過ぎなんじゃ?と思わなくもないです。それまで身体能力的には現実よりチョイ上くらいだったのがNARUTOレベルまで上がったイメージ。嫌いじゃないですけどね。

 

結局ハーレムエンドで現実に帰らないんかーい!

 

ハーレムエンドって抜きゲー以外で許せない自分としては消化不良感が凄い。最後くらい選択肢付けてそれぞれのエンディング作ってもよかったのでは?と思ってしまいます。特に小夜エンドな!あんなに扱い良くて何もないとか・・・。右衛門七がOKなら小夜もOKだろ!(ぇ

 

総評

75点。好みによってはおススメできる作品。よく言われてましたが、3章で終わっていればすっきりしていたかもしれませんが、それ以降も何だかんだ面白かったのは事実。伏線もしっかり回収していきますし、展開としても王道。歴史モノ+タイムリープ+燃えで中々楽しめました。