ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』
景の海のアペイリア

月に寄りそう乙女の作法~ひだまりの日々~ 桜小路ルナルート

ラスト。他ルートでも多大な影響を与えていた本作メインヒロインのルナルート終了。過去の出来事が原因で捻くれた性格から垣間見える優しさとかルナルートじゃなくても良い味出してましたが、さてはて本人のルートに入ったらどうなることやら・・・

 

f:id:lospa:20170228022608j:plain

え、天使やん。

天使でした。天使がいましたよ。え?ルナ様ルート入ったらこんな表情すんのかよ。他ルートで「あぁルナ様こりゃ人気出ますわ」って思ってたレベル軽く超えました。↑の場面と朝日に水着で襲いかかるシーンには特にやられましたよ。

 

f:id:lospa:20170228023130j:plain

個人的に鈴平ひろ先生のキャラデザって時点でスラッとしたそこそこ身長の高いキャラをイメージしてしまいます。あまり前情報無くプレイした自分としてはルナ様の身長の低さには驚いたり。

ストーリーに関しては桜小路家や大蔵家のお家事情がメイン。ラスボスにはやっぱり衣遠兄様。朝日が正体を明かされる辺りの展開はもうね・・・良かったの一言。しかし、ルナ様の両親は本格登場しなかった割りに随分胸糞悪い展開にしてくれたものです。桜小路家・大蔵家どちらに関しても全てが明確に明かされたというわけでもなく。その不足した部分に関しては続編で明かされていくことを期待します。とりあえず、ルナ様の両親との関係についてはアフターストーリーで何かしらの進展があるみたいなので期待。

本人のルート以外では不可避な湊が遊星にフラれる場面。ルナ様ルートが1番ストレートにフラれ、湊が本格的に泣く展開。吉田真弓の演技結構好きです。そこから一応立ち直った湊ですが、

f:id:lospa:20170228033937j:plain

キャラ壊れすぎィ!!

だが、それもまた良し(ぇ 愛着が湧くキャラですよホント。