流星ワールドアクター
ヒロインじゃ・・・ない!

9-nine-はるいろ はるこい はるのかぜ 感想

f:id:lospa:20190504220221p:plain

『9-nine-はるいろ はるこい はるのかぜ』終了。シリーズも第3弾となり話としても佳境を迎え始め、色々と核心に迫る展開に。個人的にヒロイン中1番好みだったので大変楽しみにしておりました。発表から3年弱くらい?長かった・・・。

f:id:lospa:20190504220427p:plainf:id:lospa:20190504220809p:plain

春風先輩シリアス・日常・エロ全部イケるヒロインでした。あれ?最強か?

内気な性格と女王様的性格を持ち合わせるところや、意外と俗っぽい趣向を持っているところも相まって魅力的なヒロインでした。

あまりネタバレは書きたくありませんが、タイトルの意味やら何やらが明かされる本作。個人的には〇〇〇〇が翔の〇〇になったのが嬉しい展開でした。中の人好きなので・・・。次回作でどんな役回りになるのか楽しみです。

総評

90点。核心部分に関してはたまーーーに見かけるものですが、個人的にはネタバレ無しで出会うのは初めて。アリアリ。内容としても好みですが、加点部分として春風先輩思いの外エロかったというのも大きいんです。モーション付いてますしね。

さて、ヒロイン的には次がラストなんですが、どういう展開を魅せるのか楽しみです。