流星ワールドアクター
ヒロインじゃ・・・ない!

IZUMO2をプレイして起こった不思議な出来事

先日購入した『IZUMOスペシャルパック』に収録されている『IZUMO2』をプレイ。最後にプレイしたのは12,3年前でしょうか。個人的に思い出深い作品なのでモチベーション高くプレイしていたわけですよ。

 

そして、本日全キャラレベルカンスト。朱雀を倒し、「さーて、学園エリア全部解放させるぞー!」と息巻いたわけです。その時点で解放していなかったのは難易度SとA。「とりあえず難しいSから」と向かい何とかクリアー。若干危ないところもありましたが、「レベルカンストとは言え、まぁSだからこんなもんだったかな?」とそこまで違和感は感じていませんでした。

が、

Aの放送室(ちびディボ7体・ドレイク3体)でどうにもできない状況が。どうやっても先制が取れない。相手の多勢に無勢な攻撃を受け1ターンkill(される方)。「いやいや、流石におかしいでしょ・・・」と他プレイヤーのレビューを見に行くと

私のカンスト

f:id:lospa:20190512222724p:plain

見つけたプレイヤーのカンスト

f:id:lospa:20190512222748j:plain

 

別ゲーかな??

 多少勾玉でのステータス変動があるにしてもその領域を超えている数値の違い。逆によく朱雀まで倒せたなと思うレベル。

結果、アンインストールしました。そして、再インストール。ただ「こっからもう1周じゃあ!!」という気持ちには現在ならないので、時間を置いてからプレイしようかと。「再インストールしたから今回は大丈夫!」という保証が無いのが不安要素です。

今回の出来事でずっと飾っていたサクヤの版画仕舞いました。見るとトラウマが蘇ってしまうので。

 

 

次に版画を出す時はIZUMO2をしっかりクリアーした時じゃい!!

よく分からない形で新たな目標ができました。